剪画がポーランドとの懸け橋に

葛飾区美術会会員の小野寺マヤノさんの剪画がポーランドとの文化の懸け橋になっています。ワルシャワで開催された剪画美術展のレポートが「東都よみうり」に掲載されました。市民レベルの地道な文化交流こそが真の平和外交と思えます。

コメントを残す